認定コーチE紹介

〜coach-e〜

現在7名のコーチが学校現場で活躍されています!

小学校の教員として、学級経営や児童指導など感覚的に行う部分が多くありました。自分の学級がうまくいく年もあれば、そうでない年もある。教育関係の本を読んだり、様々な研修を受けたりしても、なかなか自信がもてず、教員を続けていく上で自分の軸をつくりたいなと考えていた頃にコーチングと出会いました。
コーチングは、子どもたちが課題に向き合う場面で、教師が正解を教えるのではなく、子どもの話を傾聴したり質問したりして、子どもが自分で課題の解決策を考えるための支援方法の一つです。
シーズグロースでコーチングの考え方を学び、それらを学級経営に取り入れることで、子どもたちが主体的に考える場面が以前よりも増えてきたことを実感できました。
そしてコーチングのスキルだけでなく、より本質的な内容を学びたいと考え、認定コーチの資格取得を目指しました。
実際にコーチングを学び続けることで、ものの見方や考え方、価値観が少しずつ変化し、学級の子どもたち一人一人の個性を認められるようになりました。その結果として、子どもたちとよりよい関係を築けるようになったと感じています。

今後はコーチングで学んだことを学級に取り入れることで、

  1. 子どもたちの、多様な見方や考え方を育む
  2. 子どもたちが、お互いを尊重し認め合い、安心できる学級をつくる
  3. 子どもたちが、自分で問題と向き合える考え方を育む

ことに挑戦していきたいと考えています。

小学校教諭 男性

もともとコーチングには興味があり、本を読んだりしていましたが、なかなか実生活や仕事で活かすところまでは行きませんでした。
コーチングを実践的に学ぶことで、その有用性を実感することができました。そこでコーチングを使って、さまざまな問題解決をしたり、その人の目標とするところへ進むお手伝いをしたいと思うようになりました。
これからは悩みながらも前に進みたいと思っている人たちが一歩先へ進めるような活動をしたいと思っています。

中学校教諭 女性

迷える子どもや保護者がたくさんいる中で、かかわった人たちが少しでも前に進む役にたてればと思います。コーチングで学んだことがそこで少しでも生かせれば幸いです。

小学校教諭 女性

2018年からSGC認定コーチとして学校コーチング授業サポーターや先生方の研修会、個人セッション等を行っています。
自分の介護の経験や養護教諭として培ったカウンセリングを生かしたコーチングを通して、皆さんとともに成長し心豊かな毎日にしていきたいと思っています。

小学校養護教諭 女性

学校は、様々な価値観が混在し、誰もが苦しみの中にいるような現状です。
そのような中で、人が本来もっている良心に気づき、相手を信じる気持ちをもって関わり合っていこうと思うことができるようなコーチングができるコーチ目指して頑張ります!

小学校教諭 女性

コーチングは人間関係を豊かにできる。コミュニケーション能力の向上のため、誰かの役に少しでも立てたらと考え、認定コーチになりました。
学校現場の児童生徒だけでなく、保護者や教職員の力になれたら嬉しいです。一緒に進んでいきたいです。

小学校教諭 男性

コーチングは面白く、奥深く、自分を知ることにもなっています。学びは続きますが、コーチになることで、誰かの役に立てたらいいな、と思っています。
学校や家庭で、安心して過ごせるように支援します。そして、様々な出来事を成長の機会にできるように応援したいです。

小学校教諭 男性