先生のためのコーチング講習会 2016年7月開講!

先生方ためのコーチング講習会(全4回)

クラス全体が落ち着かない、まとまらない。

話を聞かない子がいて、指示が通らない。

思うように授業が進められない。

今よりもっとクラスをよくしたい!

いろいろなタイプの親とのコミュニケーションも難しい。

もっと子どもと上手くコミュニケーションをとりたい。

このようなことはないでしょうか?

先生のためのコーチング講習会は

先生方向けに、コーチングにはなくてはならないスキルを4回にまとめました。

以前お知らせしていた「クラスビルディング」のリニューアル講習です!

全ての講座に参加することをお勧めしますが、興味のある回に参加していただいてもクラスで使える

スキルを知ることができると思います。

コーチングスキルを身につけ、児童・生徒の理解や指導に是非役立ててください。

 

実際にコーチングセミナーを受けた先生方の声】

  • 未来志向型のコミュニケーション法で演習を通し視野が広がる嬉しさを実感できた。
  • 自分自身を認めることができ、とても癒された。
  • 相手の理解、自分の理解ができ、アプローチの仕方でコミュニケーションがスムーズになりました。
  • 客観的に見るところと、親身に接するところの線引きが少しずつできるようになった。
  • 相手はどんなことを言って欲しいのかが、わかったように思います。

 

第1回 「理解しづらい、苦手意識ある子への優位感覚的アプローチ」

優位感覚という、それぞれが優位に使っている感覚を知り上手く使うことで、

その子にあったアプローチを考えられ、その子の力を引き出しサポートすることができます。

 

第2回 「子どもの心をひらく、先生との信頼関係の築き方」

子どもはどんなところに安心感を感じるのか、どうすれば心をひらくのか、

人間の特徴を理解し、根本的な信頼関係の築き方を心理的に学び実践力を身につけます。

 

第3回 「子どものモチベーション、自己肯定感を上げるには」

ほめることとは違い、承認するというスキルを使います。嬉しいだけではなく、

行動に結び付くような、効果的な承認の仕方を身につけます。

 

第4回 「クラスビルディング、クラスの空気感をよくして活気あるクラスにするには」

集団心理や、集団のつくる空気感の取り扱い方を学び、個々と多数のアプローチの

違いとバランスを身につけます。アクティブラーニングの実践法についても考えます。

 

 

【日程・お申込み】

 

 

カテゴリー: 教育現場コーチング